概要

さまざまな業界におけるミッションクリティカルなデバイス

医療機器メーカは MRIやペースメーカなどさまざまな製品を病院に提供し、自動車OEMは一次請けサプライヤーにコネクテッドコンポーネントをソーシングしています。一方、通信会社はネットワークハードウェアベンダのルータをプロビジョニングし、大手電力会社は顧客の建物にスマートメーターを設置しています。さらに、オートメーション企業は産業用IoT機器やスマートビルディングのインフラストラクチャを開発するなど、今日のコネクテッド製品はさまざまな業界のミッションクリティカルな業務の基礎を担っています。

Overview-1

デバイスのセキュリティレベルによる重大なリスク

これらの製品が数多くのメリットをもたらしていることは疑う余地もありませんが、セキュリティレベルが急速な普及に追いついていないという大きな問題も抱えています。常時接続が当たり前になり、前世代のデバイスにも接続機能が追加されるようになるにつれ、その深刻さは増す一方です。この動きによりさらに大きなセキュリティ ギャップが生じ、不便なだけならまだしも、ビジネスが中断したり、場合によっては安全性が原因で大きな金銭的損失を被る可能性もあります。

コネクテッド製品への効果的なセキュリティの実装

コネクテッド デバイスのメーカやベンダ、サービスプロバイダは、そのセキュリティとリスクレベルを効果的に管理する方法を求めています。これを実現させる企業はセキュリティとデジタルトランスフォーメーションにおける先駆者としてのリーダーとなるだけでなく、さまざまなビジネスやセキュリティに関連した目標を達成することができます。

Overview-2

Vdoo デバイス セキュリティ統合プラットフォームを使用する理由

産業システム

IT と OT の融合により、デバイスセキュリティは産業用 IoT (IIoT) 環境に欠かせない要素となっています

医療機器

医療業界の経営幹部の約半数が、医療のインターネット (IoMT) デバイスを大きなリスクとして捉えています

自動車・輸送

スマートカーには多くのコネクテッドコンポーネントが搭載されており、何億行ものコードが使用されている場合もあります

セーフティとセキュリティ

90%のカメラがハッキング可能で、警報装置も遠隔で無効にできます

ビルディング オートメーション

一見リスクの低そうなシステムでも、建物の重要なインフラストラクチャに支障をきたす可能性があります

ネットワーク・通信

ネットワークへの攻撃には、ますます複雑でインパクトの大きい手段が用いられています

オフィス機器・家電

IoT デバイスは個人や企業のサイバー攻撃に対するリスクを大幅に高めます

エネルギー・公共サービス

重要なインフラストラクチャへの攻撃の可能性が国際的な危機に発展