運用監視

コネクテッドデバイスのリアルタイムのセキュリティ監視

サイバーセキュリティが急速に進化する中、コネクテッド (IoT) デバイスはリリース後常に新たな攻撃方法の対象となっているのが現状です。一般的に知られている脆弱性とゼロデイ脅威の両方を含む新たなセキュリティの問題を迅速に検知し、適時に対処できることが、セキュリティオペレーションと PSIRT チームにとって不可欠になっています。Vdoo は新たな CVE、マルウェア、エクスプロイトなどのコネクテッドデバイスに関する最新のスレットインテリジェンスを常に収集・分析し、リアルタイムのフィードで提供しています。Vdooはセキュリティ分析から得られたデバイス構成データを使用し、監視と保護の対象となる特定のデバイスに関連性のある問題のみをお客様に報告します。

継続的なスレットインテリジェンス以外でも、稼働デバイスの不審なアクティビティや攻撃に関する情報をVdooは提供し、脅威の検知と対応の強化をサポートします。Vdooは各デバイス用に自動的にカスタマイズ・生成される軽量のランタイム保護エージェントを実装することで、 デバイスのセキュリティ監視を可能にします。攻撃の試み、デバイス インテグリティに影響を与える変更の試み、異常なデバイスリソース使用などに関する重要なアクティビティデータを収集し、リアルタイム アラートを受け取ることが可能です。

脅威への対応をスピードアップ

セキュリティオペレーション、スレットインテリジェンス、PSIRTチームにデバイスセキュリティに関する情報を提供することで、プロアクティブが可能になります。

  • 公開されている脆弱性 (CVE)、新たな未公開の脆弱性、セキュリティインシデントなど、幅広い種類のスレットインテリジェンスを収集
  • 新たな脆弱性を迅速に発見し、Vdoo の解決ガイダンスに従って事前に対応することで、攻撃者に悪用される前に問題を解決
  • リアルタイムで稼働中のデバイスへの攻撃を認識し、迅速に対応
speed up Threat response
Optimize security operations

セキュリティオペレーションの最適化

適切な担当者やシステムに必要な情報をタイムリーに提供します。

  • 対象のコネクテッド製品に特化したアラートを受信できるため、多くの情報から必要な情報を見分ける作業が不要
  • 検知対象タイプ、脅威レベル、アラートの受信者など、ニーズに合わせてアラートポリシーをカスタマイズ可能
  • Vdoo プラットフォームを既存のセキュリティ・アセット管理システムに統合し、新たな問題を効率的に診断・対処

新たなビジネスチャンス

高度なセキュリティにより、新たなマネージドセキュリティサービスが提供できます。

  • SOC、SIEM、その他システムにデバイスに特化したスレットインテリジェンスを取り入れることで、脅威の検知と対処能力を強化
  • デバイスランタイムとスレットインテリジェンスデータを活用し、マネージドセキュリティサービスを追加・拡張
 Create New Business Opportunities

デバイスセキュリティの監視に Vdoo を選ぶ理由