ビドゥ社との協業によるIoT機器サイバーセキュリティ診断サービスの共同研究・開発について

October 29, 2020

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社(取締役社長 グループCEO:原 典之)およびMS&ADインシュアランス グループのMS&ADインターリスク総研株式会社(社長:中村 光身)は、Vdoo Connected Trust Ltd.(ビドゥ コネクテッド トラスト社・社長兼共同創業者:Netanel Davidi (ネタネル・ダヴィディ)、以下「ビドゥ社」)と協業し、IoT機器を対象としたサイバーセキュリティ 診断サービスの共同研究・開発を開始します。

本セキュリティ診断サービスは、ビドゥ社が有するVdoo Vision※と呼ばれるIoTセキュリティ 診断機能をベースにしたセキュリティ診断です。設計書やソースコード等を必要とせずに、IoT機器に 搭載されているソフトウェアそのままの形で数分から数十分程度で診断することが可能となります。
MS&ADインシュアランス グループは、今後もグループ各社のノウハウを結集し、多様化するお客 さまニーズに応える商品・サービスの開発を進めていきます。

 

※Vdoo Vision:IoT機器のファームウェアに存在する既知の脆弱性や各種セキュリティ基準とのギャップ等を
                  自動的に分析し、スコア化して示します。添付別紙の「Vdoo Visionイメージ」をご参照ください。

 

1.ビドゥ社との共同研究・開発の背景

総務省の情報通信白書(平成30年度版)において、2020年にはIoT機器の数が400億台を超  えるとも言われるなど、個人の日常生活だけでなくビジネス活動でも、IoT機器は必要不可欠なもの  となっています。一方、セキュリティ上、脆弱なIoT機器も多く、総務省が脆弱なIoT機器の大規  模調査を行ったり、経産省が総務省と共同でIoTセキュリティガイドラインを策定しています。  こうした状況の中、当社グループは、ビドゥ社と提携し、保険引受審査への活用等を視野に、簡易に  IoT機器をセキュリティ診断できるサービスの共同研究・開発を進めていきます。

2.共同研究・開発するサービス

共同研究・開発する「IоT機器向けサイバーセキュリティ診断サービス」は、MS&ADインター  リスク総研がMS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社、あいおいニッセ  イ同和損害保険株式会社と連携し、IoT機器に関連する保険引受審査への活用も見据え、2021年  4月以降のサービス導入を目指します。

 

3.ビドゥ社の概要

ビドゥ社は、サイバーセキュリティに関するトップクラスの研究者・開発者、および組み込みシステムと   エンドポイントセキュリティの分野において豊富な知識を有する連続起業家により、IoTセキュリティの   自動化推進を目的として、イスラエルにおいて2017年に設立されました。同社は、設立以来急速に   成長し、IoTを活用する複数の業界、諜報機関、政府、軍のサイバー部門および標準化団体出身の一流の   プロフェッショナル人財が組み合わされたチームとなっています。

 2019年4月には、当社グループが米国シリコンバレーに設立したコーポレートベンチャーキャピタル   である、MS&ADベンチャーズ社から出資を受けています。  

添付別紙:Vdoo Visionイメージとサイバーセキュリティ・MS&ADプラットフォームについて

以上

<別紙>Vdoo Visionイメージとサイバーセキュリティ・MS&ADプラットフォームについて


1.Vdoo Visionイメージ

Image
Vdoo Vision concept

<概要>

Image
vdoo-vision-msad-result

2.サイバーセキュリティ・MS&ADプラットフォームについて

MS&ADインシュアランス グループは、サイバーセキュリティ対策フレームワークの各項目に対応
するソリューション(セキュリティ対策のコンサルティングや保険の導入等)を“サイバーセキュリ
ティ・MS&ADプラットフォーム”としてまとめています。今回、共同開発を進める「IoT機器
サイバーセキュリティ診断サービス」は、サイバーセキュリティ対策フレームワーク中の「リスクの特
定・防御」に対応する、IoT機器向けのリスクコンサルティングメニューとなります。

Image
msad platform press release

Read More

Our latest updates