ビルディング オートメーション

自動化された建物の
コネクテッドデバイスの安全対策

自動化された建物のセキュリティの課題

スマートメータ、照明、ゲート、冷暖房、防犯カメラ、BMS (ビル管理システム) など、ビルディングにはさまざまなコネクテッドオートメーション製品が使用されていますが、これらはすべてセキュリティの脅威とサイバー攻撃のリスクが大幅に高まる要因となります。一見リスクの少なそうなシステムでも、その脆弱性が悪用されビルディングの重要な機能に支障が出れば、住人や利用者に危険が及ぶ可能性もあります。たとえば、 1 台の防犯カメラがハッキングされ、そこからエレベータや冷暖房の制御のようなビルディングの重要なシステムにアクセスされれば、これらが完全に使用不能になるこ とも考えられます。たった1 つのセキュリティインシデントによりビル内のすべてのビジネスが麻痺し、1日何十万ドルもの、場合によってはそれ以上の賠償責任が生じる可能性もあります。そして入居者の安全が脅かされるのは言うまでもありません。

Building Automation Industry
Building Automation

スマートビルディングのエコシステム全体にわたる戦略的必須要素

近年のオートメーションビルディングシステムに関連した脆弱性や攻撃の急増により、顧客や規制機関によるスマートビルディングのセキュリティ強化への要求が急速に高まっています。同時にこの業界の企業にとって、ビジネス、評判、利益へのリスクが大幅に増しています。その結果、スマートビルディング用ハードウェアの メーカやベンダ、サービスプロバイダは、すべての事業部門や製品ラインで製品のセキュリティ機能を迅速にスケールアップし、この戦略的必須要素に対処する必要があります。

建物の自動化製品における最善のセキュリティの実現

Vdooは、設計から開発、テスト、実装、保守まで、ビルディング自動化システムのライフサイクル全体を網羅する、業界屈指のデバイスセキュリティプラットフォームで す。Vdooのデバイス セキュリティ統合プラットフォームは、複数の事業部門や製品ラインで迅速にスケールアップできるよう開発されており、セキュリティ分析、ギャップ解決、コンプライアンス検証、デバイス保護、運用監視、アクショナブルな情報など、企業がコネクテッド製品の安全を守るために必要なすべての機能を提供します。ファーストパーティとサードパーティコンポーネントの既知と未知の両方の脆弱性に対応し、通常ソースコードにアクセスすることのできない複雑なサプライチェーン全体で最高のセキュリティを実現します。

Building Automation

Vdoo デバイス セキュリティ統合プラットフォームを使用する理由