セーフティとセキュリティ

物理的セーフティとコネクテッド デバイスのセキュリティ

物理的セーフティとセキュリティデバイスのセキュリティ課題

防犯カメラ、警報システム、アクセスコントロールリーダー、エントランスゲートなど、さまざまなコネクテッドセーフティデバイス、セキュリティシステムが使用されていますが、これらはすべてセキュリティの脅威とサイバー攻撃のリスクが大幅に高まる要因となります。一見リスクの少なそうなデバイスでも、その脆弱性が悪用され重要なセキュリティプロセスに支障をきたし、身体的な危険が及ぶ可能性もあります。Vdoo の研究では、分析対象となったカメラの 90% がコマンド インジェクションやメモリー破損で乗っ取られる可能性があり、火災警報器も同様の手法で遠隔で無効にできることが明らかになりました。シンプルなハッキングでセキュリティシステムがすべて無効化されてしまうなら、人々の安全はどのように守ればよいのでしょうか?

Safety & Security
Safety and security

物理的セキュリティのエコシステム全体における戦略的必須要素

近年のセーフティとセキュリティ設備に関連した脆弱性や攻撃の急増により、顧客や規制機関によるセキュリティ強化への要求が急速に高まっています。同時に、ビジネス、評判、利益へのリスクが大幅に増しています。その結果、セーフティとセキュリティデバイスのメーカやベンダ、サービスプロバイダは、すべての事業部門や製品ラインで製品のセキュリティ機能を迅速にスケールアップし、この戦略的必須要素に対処する必要があります。

コネクテッド セーフティ製品とコネクテッド セキュリティ製品の最善のセキュリティの実現

Vdooは、設計から開発、テスト、実装、保守まで、セーフティとセキュリティデバイスのライフサイクル全体を網羅する、業界屈指のデバイスセキュリティプラットフォームを提供しています。Vdooのデバイス セキュリティ統合プラットフォームは、複数の事業部門や製品ラインで迅速にスケールアップできるよう開発されており、セキュリティ分析、ギャッ プ解決、コンプライアンス検証、デバイス保護、運用監視、アクショナブルな情報など、企業がコネクテッド製品の安全を守るために必要なすべての機能を提供しま す。ファースト パーティとサード パーティコンポーネントの既知と未知の両方の脆弱性に対応し、通常、ソースコードにアクセスすることのできない複雑なサプライチェーン全体で最高のセキュリティを実現します。

Safety-security

Vdoo デバイス セキュリティ統合プラットフォームを使用する理由

Reduce Risk Levels

リスクレベルの低減

デバイスのライフサイクル全体の製品セキュリティリスクを事前に検知し修正

Strengthen the Brand

ブランドの強化

セキュアな製品でリピーター率を向上させ競争優位性を確立

Prioritize Security Gaps

セキュリティ ギャップの優先順位付け

実影響のある問題のみにフォーカス

Speed Up Time-to-market

製品リリース時間の短縮

プロセスの自動化により関連コストを抑えつつターンアラウンドタイムを短縮

Cut Resource Needs

必要なリソースの削減

セキュリティ関連のテクノロジーとサービスの予算に加え、必要なセキュリティ専門家の人数を削減

Control 3rd Party Security

サードパーティ セキュリティの管理

サプライチェーンのコードやコンポーネントのセキュリティを可視化

Achieve Compliance

コンプライアンスの実現

製品が関連基準、規制、社内方針を遵守していることを確認

Drive Decision Making

意思決定の支援

リスク評価とトレンドデータを収集し、製品セキュリティに関するアクショナブルな情報を提供

Enable New Business

新たなビジネスの実現

デバイス関連のサービスを提供することで顧客に総合セキュリティソリューションを提供