Vdooは、かつてないIoTセキュリティプラットフォームに対する日本市場の強い需要に応じて、日本法人を設立

June 19, 2020

2020年6月19日/東京 IoTデバイスのセキュリティプラットフォームのリーディングプロバイダーであるVdoo Connected Trust LTD.(本社 イスラエル テルアビブ)は本日、ビドゥジャパン株式会社(東京都港区)の設立を発表しました。同社は、日本市場での昨年の売上高の急増を踏まえて、国内に恒久的な基盤を確立する時がきたと判断しました

Vdooの成長する勢いに伴い、同社は伊藤俊明を日本の代表者に任命しました。サイバーセキュリティ業界での長年の経験を持つ伊藤は、以前はFireEyeやCarbon Blackなどのグローバルセキュリティ企業での上級職に就いており、国内でのビジネスの成長と事業拡大を主導してきました。Vdooは引き続き、人材の採用、日本企業に合った製品のローカライズ、チャネルの開拓、マーケティング活動などに重点的に投資していきます。 Vdooは、MS&ADベンチャーズやNTTドコモベンチャーズなどの大手日本企業を含む著名な投資家から4500万ドルの資金を受け取っております。Vdooは、国内の販売パートナーであるDNPやマクニカネットワークスを通じて、日本企業にソリューションを提供していきます。

Vdooはここ一年で日本でのパートナーや顧客が増えてことを踏まえて、日本に法人を設立することを光栄に思います。」と、Vdooの最高経営責任者(CEO)Netanel Davidiは述べています。「デバイスに起因するセキュリティリスクがより増大していますが、様々な業種のデバイスメーカーが、Vdooが提供する革新的なプラットフォームにより、リスクを軽減できています。世界最大の製造国である日本において、ネットに接続するデバイスのセキュリティ強化のため、Vdooソリューションをご提供する絶好のタイミングだと考えております。」

Vdooについて

Vdooのデバイスセキュリティプラットフォームは、デバイスライフサイクル全体で最適なセキュリティを保証する唯一の自動化ソリューションです。このプラットフォームは、セキュリティ分析、セキュリティ ギャップの解決方法の提示、コンプライアンス準拠判定、デバイスの保護、監視、マネージメント、脅威インテリジェンスなど、企業が接続デバイスを保護するために必要なすべてのものを提供します。

接続されたデバイスを保護するための戦略的アプローチは、世界中の主要な製造業者とサービスプロバイダーが複数の製品ラインとビジネスユニットにわたってデバイスのセキュリティ機能を迅速に拡大し、製品化までの時間を大幅に短縮し、リソース要件を削減し、売り上げの増加に貢献し、全体的なリスクプロファイルを下げてきました。

Vdooは、MS&ADホールディングスやNTTドコモなどの大手日本企業を含む著名な投資家から4500万ドルの資金を受けています。Vdooは、日本の販売パートナーであるDNPやマクニカネットワークスなどを通じて、複数の日本の顧客にソリューションを販売しています。 詳細については、https://www.vdoo.com/jaにアクセスしてください。 メディアの連絡先

日本語でお問い合わせ:  japan_info@vdoo.com

英語でのお問い合わせ:  Tamar Belkin, VP Marketing, Vdoo   press@vdoo.com

Our latest updates